三流外資系サラリーマン大家のブログ

不動産、金融商品、三流サラリーマンの悲哀

脊柱菅狭窄症 腰椎開窓術 手術当日 翌日の記録

脊柱菅狭窄症 開窓術 手術の記録

 

手術当日

朝6時アクアソリタ飲む(1本)

午前9時絶飲食開始

手術着着用

上は素肌に手術着

下はパンツとズボン

必要箇所の剃毛

新人看護師さんが来て剃毛、手術室への移動を担当

『エッこの電気髭剃りどう使うんですか?怖いっ』

手術受けるワシのほうが怖いですよ笑

 

午前11時

手術室へ車椅子で向かう

『わたし初めて患者さんを手術室に送っていくんですよ、すごい緊張します』

『ワシも行くの初めてで、しかも大手術受けるのワシなんであなたよりもっとキンチョーしますよ。』

このやり取りでだいぶ緊張がほぐれました。狙ってやったんかな?笑

 

手術室棟に入る、全面真緑、映画かと思うくらい手術棟が広い

手術キャップ着用

手術室看護師に車椅子を押してもらい核シェルターのような部屋を2つ通過し、緑色のだだっ広い手術室へ

(足で踏み扉を開けるシェルターを2回通過)

車椅子から降り、ベッドに仰向けに

人造人間になるような光景

麻酔医から麻酔の点滴開始

『あれ眠くなってきましたね~、アタマがぼーっとする』

という言葉を発して、それ以降の記憶無し

 

午後3時頃

『三流さん終わりましたよ』の声かけで意識を取り戻す。

『ありがとうございました』

とボンヤリした意識で言ってベッドのまま病室に戻る、アタマの上で通路段差のガタゴト音が聞こえる

 

午後4時頃

激痛すぎて痛いのか痛くないのかよくわからないが、一人では寝返りが打てないので身体が痛くて45分間隔でナースコールを押す

看護師さん二人がかりで寝返りを打つために体勢を変えてもらう、ストロー付きペットボトルの水を飲みひたすら痛みに耐える

 

午後5時頃

隣の部屋のおっさんが大声でレンタルパジャマを今から注文したいと喚き散らし、看護師さんは事前に売店で注文しておいてください案内の時に言ったはずですと反論するが、おっさんは理由もわからず喚き散らす。

 

うるさすぎて両指で耳栓をしながら、激痛をこらえおっさんに殺意を抱き

『やかましいんじゃこら、しょーもない事で大声出すなボケこっちは死ぬほど痛いんじゃ』

と3回位いうがおそらく聞こえてない、永遠喚く

 

夜12時まで痛みと寝返りができない地獄が継続、やかましいおっさんは8時位まで騒いでいた

看護師さんが頻繁に点滴、血の管、尿管を見に来て声かけしてくれるのだけが救い

さすがは白衣の天使

 

夜12時以降

1時間に15分程度寝られるようになり、手術で身動きができない自分に天井の尿管パイプが破れ大雨のように大粒の小便が滴り落ちてくる夢をみる

ほぼほぼ発狂状態

 

夜2時

最後の寝返りをお願いしてその後は寝返りなし、1時間に30分は寝られるようになる

 

朝5時頃

朝が来た事で少しホッとする

 

手術翌日 7時

手術後初めて起きベッドに腰掛ける

めまいと大量発汗、慌てて横になる

根性でメシを完食(美味い)

 

9時頃

根性で立ち、根性で看護師さんと共に歩行器で歩く(足にチカラはほぼほぼ入ってない)

歩けば尿管を抜いてくれるのがインセンティブ

 

10時頃

尿管を抜いてもらう

呼吸をしながら3回に分け引っ張てもらう、

これも半端なく痛い、時間は3分位?

どうやって入れたのであろうか?

 

11時頃

最初の尿(ちょっとだけ)の排出がめちゃくちゃ痛い

看護師さんに量が僅少なので尿とは認定してもらえず、約3日間は排尿毎に地獄であった。

ほぼほぼ陰部が死んでいた。

 

ここまでが手術後の地獄であった。

 

傷については、手術の痛みの6から7割が約4〜5日継続する。1週間後の抜糸までは当然ながらしんどい笑