三流外資系サラリーマン大家のブログ

不動産、金融商品、三流サラリーマンの悲哀

入院費用予実を振り返る 退院決まる 脊柱菅狭窄症手術入院費用の概算

過去10日程前に作成していた入院費用概算記事のドラフトがありました。

 

実質の入院費用は19万6千円

まあまあニアニアの予実です。計算どおりです。生きていく上ですべてにおいて予実を考えて生きればお金はコントロール可能

予実どおりに合わせに行くのが好きな性格でもある。

 

 

三流外資系サラリーマン大家入院患者です。

 

今週の土曜日に退院が決まりました。

手術後12日での退院予定です。

手術前3日間入院しているので都合15日

 

特別室代6600円    99,000円

パジャマセット 450円    6,750円

食事代                1350円    20,250円

高額医療費                         57,250円

                                             約18万円

 

保険 3000円×15日           45,000円

手術一時金                        60,000円

手術特約                            30,000円

                                            13万5千円

 

結構な脊柱菅狭窄症の大手術をしてもあんまりお金がかかりませんでした。TMFの上下動の方が大きい位である

 

便利の為に特別室を取らなければ保険金で儲かっていた位である。

何にせよ高額医療費制度はありがたい。

 

早期手術、早期仕事復帰がもっとも経済的に優しい気がする。

 

ワタシはしばらくニートであるが笑